So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

母屋大梁基礎部分の補修 [DIY]

9月29日 朝の最低気温は10℃を切るようになりました。土木工事は、残り1カ月が限度でしょうか?
屋根の大梁基礎部分を補修します。工事概要は以下の通り・・・

IMG_2162.jpg
大梁のコンクリート基礎との接合部分が腐り、隙間が出来てしまったので、腐った部分をパテ(変成シリコンシール)で補修した後、接合部のコンクリート天端を、レベルモルタルで補修し、目地部分に変成シリコンシールを打ちます。(以下の写真は、各大梁の番号に対応)
型枠(1×4材)製作。寸法が微妙に違うので、全て現場合わせ。

IMG_2157_1.jpg
9月30日 型枠製作に手間取り、ようやくレベルモルタル打ち。

IMG_2166_1.jpg
前日に、既存コンクリートに十分に保水。打ち継ぎ部分にはモルタルプライマーを刷毛塗り。流し込んだモルタルは平均15mm/最大30mm?

IMG_2178.jpg
10月5日 型枠脱型。モルタルの養生中に、梁の笠木(上端の鉄板)は塗装済み!

IMG_2203_1.jpg
モルタル目地にシールを打ちます。落葉松の落葉が始まっているので、シールに着かないように、布コロマスカーで養生。

IMG_2201.jpg
完成写真は撮り忘れました。コンクリート基礎の苔(コケ)落としと、防水塗装は来年に持ち越しと言う事で、今年の工事は終了です。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ペンキ塗り [DIY]

忘れてました。焚火ボイラーの、Before/After
(マウスカーソルを写真にかけると・・・)


9月8日 外廻りの塗装を始めます。前回塗装をしてから既に12年経過。
前回は、"キシラデコール"を使いましたが、毒性も指摘されているので、木部の使用塗料は、"油性木部防虫・防腐ステインEX(アサヒペン)"。塗装色は、


マホガニー 軒下野地板・外壁・ベランダデッキ
ウォールナット 軒梁・軒柱・窓格子・ベランダ手摺・〃階段他 


鉄部の使用塗料は、"油性 高耐久鉄部用(アサヒペン)"。錆止め兼用なので、ケレンの必要なしで、楽ちんです。塗装色は、


こげ茶 霧除け庇(ひさし)・雨戸戸袋上部・破風・母屋垂木(大梁)天端・照明器具他


先ずは、一番傷みの激しいベランダ手摺からです。デッキ部は色が違うので、"布コロマスカー(薄手のビニール)"で養生。
IMG_2139.jpg IMG_2148.jpg
デッキ部、Before/After。
IMG_2142.jpg IMG_2143.jpg IMG_2141.jpg 
手摺・階段・デッキ(塗装完了)
IMG_2254.jpg IMG_2256.jpg
玄関常夜灯(分解/清掃/塗装)

結局、ペンキも無くなり、昨年中に全部終わりませんでした。来年に持ち越しです。(ベランダ部外壁・軒下野地板・玄関廻り鉄部)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

物置前の階段改修 [DIY]

日付は前後しますが、9月1日(雨)です。
室内の工作室で、コンクリートの型枠製作中!
IMG_2094.jpg
焚火ボイラーの当初の計画では、ドラム缶全体を炉(CB:コンクリートブロック)で覆う("CB"をもう一段組む)予定でした。なので、炉の上部に乗せる"PC板"と"CB"が余っているので、物置前の階段を改修することにしました。
IMG_2095.jpg
午後、雨がやんだ瞬間を見計らって、穴掘り、コンクリート打ちです。
IMG_2097.jpg
1日空けて、9月3日。型枠解体。焚火ボイラーで余っている"差筋アンカー"をセット。
IMG_2101.jpg IMG_2106.jpg
ブロックを積みます。積む前に、十分に水を撒いて保水(これ重要)。
IMG_2102.jpg
レベルを確認。うまくできているみたい。
IMG_2107.jpg IMG_2109.jpg
9月4日。階段の"踏み面(ふみづら)"にPCを乗せて完成です。ついでに物置の水平も直して工事完了。
IMG_2110.jpg
以上で2017年の土木工事は終了です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。