So-net無料ブログ作成
検索選択

麺・麺・麺 [料理]

 東京! 暑いですね。 [晴れ] [晴れ] [晴れ]

 

 昨日、関東地方は“梅雨明け”したそうですが、別荘から戻って、早1週間。涼しさが恋しいで~す。

 

 写真は、先週の木曜日(7/15の夕方の空です。“chal”的には、この日が東京の“梅雨明け”だと、確信しております。久しぶりに、HDR処理をしてみました。なかなか、コツがつかめませんね・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]

 

 写真は、“on mouse over/out”です。

 

 

 今日の料理は、先日の宴会で作った“焼き豚の煮汁”“青椒肉絲”が残っているので、醤油ラーメンを作ります。[わーい(嬉しい顔)]

 

 三枚肉の焼き豚 ←こちらです。

 

 青椒肉絲 ←こちらです。

 

P7120074.jpg P7120076.jpg

 

 焼き豚の煮汁に、燻製卵を更に1日漬け込んで、“濃厚味玉”にしてあります。煮汁に、ちょっと“味覇”を追加です。トッピングに、“刻みネギ&かいわれ大根”“青椒肉絲ラーメン”の完成です。

 

P7120077.jpg

 

 卵は更に味が染みて、美味しいです。

  

 [ひらめき]かいわれ大根のトッピング、かなり行けます。

 

 燻製の香が、多少スープに移り、スープにも“コク”が出ます。燻製とラーメンの相性は良くないかと思ったのですが、結構合いますね。[わーい(嬉しい顔)]

 

P7170098.jpg P7170099.jpg

 

 “燻製香”のラーメンに味を占めたので、スモークチキン&高菜漬け”を使って、もう一品。

 

 「久しぶりに、豚骨ラーメンが食べたい!」。でも、豚骨スープが無いので、雰囲気だけですが、“焼き豚の煮汁”に、“豆乳”を投入。(さむ・・・[がく~(落胆した顔)] 。少しは涼しく成ったでしょうか?)

 

P7170100.jpg P7170101.jpg

 

 パッケージは、低脂肪牛乳ですが、中身は“豆乳”ですので、悪しからず![ふらふら]

 

 用意した具材は、スモークチキン・茹で卵・高菜漬け・ネギ・ガリ生姜。

 

P7170102.jpg

 

 “豚骨偽装ラーメン”の完成です。豆乳を加える前に、スープに“鞘トウガラシ”を加えて、辛味を移してあります。スープのパンチが弱いので、“柚子胡椒”“味覇”をプラスしました。

  

 [ひらめき]麺は、“バリ固”でお願いします。[わーい(嬉しい顔)]

 

 まあまあです。豆乳の味が全くしません。本物の、“豚骨ラーメン”として出しても、ばれないかも? スモークチキンとの相性も、アクセントが付いて良い感じです。

 

 最後は、昨日のお昼ですが・・・。こう暑いと、ラーメンと言う分けには行かないので、恒例の冷やし中華です。[晴れ]

 

P7150082.jpg

 

 ハム・トマト・キュウリ・“自家製ガリ生姜”。錦糸卵は、宴会の“ちらし寿司”のトッピング用に大量生産したものを、冷凍保存しておきました。

 

 自家製ガリ生姜 ←こちらです。

 

 [ひらめき]“梅雨明け”。新生姜で“ガリ”を漬けられる方は、最後のチャンス! ですよ・・・[わーい(嬉しい顔)]

 

 既製品のスープに、“白胡麻ペースト”と“すり胡麻”を加えて、“胡麻ダレ”にしてあります。

 

P7150083.jpg

 

 “chal”用は、当然“自家製老干媽”“和がらし”をトッピング。

 

 自家製辣油(ラオガンマー) ←こちらです。

 

 定番の“胡麻ダレ冷やし中華”でした。

 

 このところ、“胡麻ダレ”ばっかりなので、次回は、“醤油ダレ”にしましょうね。そう言えば、最近、パスタ”を、食べてませんでしたね・・・。[ふらふら]

 

 明日は、“ハンバーグ”の予定なので、“トマトソース”も作り置きして、イタリアンハンバーグにしましょうか? そうだ。明後日は、“冷製トマトパスタ”かな・・・。[わーい(嬉しい顔)]

 

 恒例の、“お昼ご飯シリーズ”3連発でした。いかがでしょうか?

 

 以降、記事関連の材料をまとめてあります。

 

  にほんブログ村 料理ブログへ 

            “プチッ”とお願いします。

  にほんブログ村 住まいブログへ

 

 

 

 

 


nice!(31)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

薪割り(2010その1) [DIY]

 昨年の11月に切った“落葉松”“白樺”“雨氷で折れた木”の始末を付けなければいけないのです。今年の別荘生活最大の仕事です。半年以上枯らしたので、如何にか割れる頃だと思うのですが・・・。[ふらふら]

 

 雨氷被害と伐採状況 ←こちらです。

 

 最初に、入口から一番目立つ、こちらの山をやっつけます。

 

P5020133.jpg P5050168.jpg

 

 幹の部分は70cmに切ってあるので、ストーブに入る様に、半分の35cmにカット。70cmなら、追加料金無し? でカットしてくれました。木の伐採は、6本で4~5万円ぐらいだったかな・・・?

 

 南佐久北部森林組合さん ←こちらです。

 

 ありがとうございました。この場を借りて、御礼申し上げます。[わーい(嬉しい顔)]

 

 電動チェーンソーなので、力が無くて、時間がかかります。こうなると、エンジンチェーンソーが欲しく成りますね・・・。20本以上を2時間以上掛かって半分に切りました。チェーンソーが、負荷で熱く成るので、“切っては運ぶ”の連続作業。薪割り場の近くに、一旦集積し直します。[がく~(落胆した顔)]

 

P7090066.jpg P7090059.jpg

 

 さてさて、本日も最新兵器の登場です。油圧薪割り機 です。これだけ大量だと、で割っていては、体が持ちませんから・・・。[がく~(落胆した顔)]

 

P7090062.jpg P7090063.jpg

 

  Set and go!  これでも小さい方の幹ですが、太い物は45cm近く。重さも20kg近いかと思います。太すぎて割れない物は、どうにか鳥羽口だけを、薪割り機で付けて、手割りとなります。

 

 [ひらめき] 節の部分は割れないので、避けるようにセットするのがコツですね。

 

 太い部分は、8つ割です。途中で、雨が降って来たので、グランドシートで、仮設屋根を作って作業中。初登場の父の雄姿です。[わーい(嬉しい顔)]

 

P7090067.jpg

 まあ、向きを決めてスイッチを押すだけですから、楽なもんです。まあ、77歳にしては、よく働きました。乗せるのも、薪置き場に完成品を運ぶのも、割り切れない薪のカットも、chal担当。休ませてくれません。キツイキツイ![ちっ(怒った顔)]


 

 薪置き場も増設しないと、出来た薪を並べきれません。

 

 一昨年の薪置き場の製作 ←こちらです。

 

P9010054.jpg P7090060.jpg

 

 1年半をかけて、○の部分の薪をようやく使い切りました。傾斜を利用して、鍬で土寄せをしながら、軽量ブロックを敷いて行きます。[わーい(嬉しい顔)]

 

 [ひらめき] 出来た薪を積んでいきます。出来るだけ、水平に成る様に・・・。

 

P7090069.jpg 

 

 6時間かかって、ようやく、落葉松1本分の薪作り終了です。写真は、1枚目と“after & before”。残り5山(セット)。更に太い木もあるので、実労1週間はかかりそう。更に、薪置き場も増設しなくては、並べきれません・・・。[がく~(落胆した顔)]

 

 枝の整理と、枝置き場を新設しなければ・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]

 

 やる事が一杯です。のんびり“リーゾート”がしてみたい![ちっ(怒った顔)]

 

 わずか、3日間の滞在でしたが、中身は濃かったと思います。恒例の、当ブログのスキン用写真を撮ってから、帰路に付きました。

 

P7080035.jpg

 

 今日は、料理の方はお休みです。[がく~(落胆した顔)]

 

 更なる使役のため、全身筋肉痛です。一日、完全休養しないと、復活出来そうにありません・・・。[爆弾]

 

 なんて、泣き言は言えません。主夫ですからね・・・。帰るなり、MAX 7名ご飯でございます。

 

 “青椒肉絲”一品を製作。後は、別荘で作った残り物の、オンパレードで・・・。

 

P7110070.jpg

 

 え・・・。増量のため、“エノキダケ”をプラスしました。[わーい(嬉しい顔)]

 

 油通しはせずに、野菜は、極力薄切りにして、炒めただけです。

 

 全体は・・・。

 

P7110071a.JPG P7110072.jpg

 

 スモークチキン”がおつまみでプラスです。そうそう、お初の“児玉スイカ”を、デザートにプラスしました。最期は、スモークチキンのUPですが・・・。

 

P7110071.jpg

 義弟に、“鴨肉?”と言われました。私も、食べてみてビックリです。暖かい時には気が付きませんでした。“チキン”を“ナラ”で、燻製すると、“鴨肉風”に大変身です。見た目は、赤みが残っていませんので、バレバレですが、食感的には、良い感じですよ・・・。


 

 今回の燻製では、“火の入れ過ぎ”で、鶏肉が堅く成ってしまいましたが、今後の課題も見つかりました。[バッド(下向き矢印)]

 

 東京に戻るなり、いきなりの大発見です。鶏肉で、大好きな“鴨南蛮蕎麦”が、お手軽に作れるかも知れませんよ・・・。

 

  にほんブログ村 料理ブログへ 

 

  にほんブログ村 住まいブログへ

 “プチッ”とお願いします。 img_1451812_15787905_10-e6567.gif

 

 

 

 

 

 

 


nice!(34)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新兵器登場! [料理]

 前回の出張料理(含む燻製)で、叔母宅のホットプレートが大活躍しました。

と、言う事で、我が燻製器にも“加熱装置”を配備しました。[わーい(嬉しい顔)]

 

 出張料理 ←こちらです。

 

 ヤフオクGETのホットプレート ←こちらです。

 

 それでは、燻製の工程をご紹介します。

 

 食材

 ・味付け卵                  ・ファミリアチーズ    ・鶏胸肉

 ・生ホタテの貝柱    ・クレージーソルト      

 

 最初は、食材の燻製缶セットのお姿を・・・

 

P7080038.jpg

 一晩“風乾”した“ホタテ”です。多少、色が付いた様な気がしませんか!

 夜間の気温が、15℃位まで下がるので、外に一晩放置しておくだけで、効果絶大。浅めの燻製にしたいので、最下段です。

 

 風乾器の製作 ←こちらです。

 

  

P7080039.jpg

 二段目は、大量の“味付け卵”です。一個試食して、一応、堅めの半熟状態を確認。これ以上“火 or 煙”が入ると、硬茹でに成ってしまいそうです。理想は、堅めの半熟卵なんですが・・・。


 

P7080040.jpg

 三段目は、網を敷いて、“ファミリアチーズ”と、“クレージソルト”の、ガーゼ包みです。この自作燻製器は、上段の方が、温度も上がり、煙の付き方も良好なんです。(当然か!)。


 

P7080042.jpg

 いよいよ、最新兵器のご紹介! 直径33cmのホットプレートと、燻製缶1号機を合体して、ハイブリットにします。 

 如何でしょうか! 計って、特注したみたいに。ホントに、“ホットプレート”の直径は“ぴったり”でした。[わーい(嬉しい顔)]


 

P7080043.jpg

 ホットプレートのサーミスタ(温度センサー)が“ルーズ”な所も“Nice”です。

 とりあえず、保温状態で、燻製開始。燻製ウッドは“サクラ”です。冷薫(40℃)で2時間。外気温との関係も有りますが、これは、全自動機ですよ!

 ちゃんと、加温データを取りましたよ・・・。“保温モード”の真ん中辺が、良い感じです。


 

P7080048.jpg

 2時間経過。“ソフトホタテ燻製”の完成です。日持ちはしないかも! “真空パック&冷凍”にすれば、長期保存も可能かと? 小さい“布団圧縮袋”(旅行オムツバージョン)を買って置けば、実験出来たのですが・・・。とりあえず、風乾中。


 

P7080049.jpg

 更に、2時間経過! このセクションでは、温度を60℃に上げております。チーズと卵は、1回裏返しました。“燻玉”と“チーズの燻製”の完成です。

 この後は風乾・・・。粗熱が取れた所で、チーズを“柳刃包丁”で、一回ごと、布巾で包丁を掃除しながらカットです。


 

P7080051.jpg

 “ホットプレート”の温度を一気に上げて、MAX。1時間。燻製缶の温度は、約110℃までしか上がりませんでした。6時間かけて、“燻製クレージーソルト”も完成。


 

P7080050.jpg 既に、宴会は始まってます。[もうやだ~(悲しい顔)]

 

 最後に、2時間分の、“ナラ”のウッドを追加して、約110℃で、スモークチキン”を作ります。

 ここまで来ると、「後は、野となれ、山となれ・・・」。成果品は、その内ご紹介します。[がく~(落胆した顔)]


 

 酔い? が廻って、出来立て“スモークチキン”を、お客様に出した所で、記憶が無くなりました。当然、完成写真は、撮れる状態で無かったかも! そもそも、“電池切れ”でしたからね・・・。[ちっ(怒った顔)]

 

 21時過ぎに、“豪沈?”です。“草刈り”ダメージ恐るべし![眠い(睡眠)]

 

 実は、スモークチキンは、持ち寄り1品と、かぶってしまい、既製品の方に、軍配が上がりました。たっぷりと、“荒挽き黒胡椒”が、乗っていたのが、決定的な違いです。

 

 自家製は、出来たてホヤホヤで、粗熱も取れていなかったですからね・・・。

 

P7080041.jpg

 

 一夜明けて、燻製缶1号機の“雄姿”をご覧ください。ホットプレート電気を切り忘れて、中身が無いのに、内部温度は50℃。モッタイナイ![ちっ(怒った顔)]

 

 まだまだ現役! いざと言う時は、絶対“1号機君”ですね!

 

 内側(内臓)は、錆び錆び状態です。まさに、“自分?”[がく~(落胆した顔)]

 

 最後は、昨日の完成写真で、イメージUP!

 

P7080054.jpg

 

 合計、8時間。長丁場の燻製に成ってしまいました。それにしても、卵は完全に“硬茹で”状態ですね! 途中から、“温燻”にしたのが、不味かったです。卵の茹で方・燻製時間・燻製温度。この、3元連立方程式。解けるかな・・・。[ふらふら]

 

  にほんブログ村 料理ブログへ 

           “プチッ”とお願いします。

  にほんブログ村 住まいブログへ

 

  今日は、燻製用品のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(27)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。