So-net無料ブログ作成
検索選択

ド根性シソ! [料理]

 

 5月最後の投稿です。今月も皆勤賞を狙っていたのですが、別荘に行ったり、予約投稿の時間を間違えたり・・・。継続は力なりと言いますが、ブログ投稿もかなりのパワーが必要ですね。

 

 さて、話が変わりまして、我が家の「ド根性シソ」君です。もう少し大きくなったら食べてあげるからね![ひらめき]

 

P5300001.jpg

 

 Yuki様のブログ ”ひとりごと・・・・“ で、“ド根性カタバミ”が出ていたので、こちらも負けじと撮影しました。

 

 去年、お隣が路地の舗装をして下さったのですが、門扉のタイル貼りと透水舗装の間から芽を出しました。左上の小さいのもシソの芽? だと思いますが、ほんとうにタフな植物ですね。

 

 築40年になると、タイルのヒビ割れも気にならなくなります。[ひらめき]

 何か所か予備のタイルで貼り替えましたが、予備在庫も10年以上前に無くなりました。昔は月に一回、デッキブラシで洗ってピカピカにしていました。最近は、ヒビの部分にプランターを置いて、見ない様にしています。材質は“陶器質タイル”15cm角です。不同沈下の影響で、ヒビ割れ増殖中でございます[バッド(下向き矢印)]

 

 他の、成長したシソを収穫して、今日は何にしましょうか?

 

P5310011.jpg

 

 実は、近所のスーパーで、切り落としの“マグロ”安売りしていたので、買って来ました。ほんとは“マグロ”だけで“ズケ丼”にしたかったのですが、量が少ないので、“ホタテ”で増量します。

 

 

 飯台も水で濡らして準備完了です。マグロを醤油・みりんで“ズケ”にします。ホタテは冷凍なので、解凍しておきます。すし酢は、塩:砂糖:米酢=1:4:6。丼物はどうしても野菜が不足しがちなので、茹でたアスパラを“からし醤油”に浸けました。いよいよ準備完了。“ズケ”は15分も浸けておけば十分です。

 

 

 蒸らしたご飯にすし酢をかけて、切る様に混ぜます。当然扇ぎます。人肌程度の温度になった所で、先ほどの“青しその刻み”と、すり胡麻を加えて、すし飯の完成です。

 さて、苦手の盛り付けなんですが・・・。

 

P5310017.jpg

 

 如何でしょうか・・・。「海鮮丼」の完成です。母の評価2.0[バッド(下向き矢印)]。えーっ、一生懸命作ったのに。(チュウボウですよの見過ぎか!)

 

P5310016.jpg

 

 中身は、マグロのズケ・ホタテ・海老(ボイル)・胡瓜とガリの千切り・おまけのアスパラ・万能ねぎ・わさびです。あっ、刻み海苔入れ忘れました(☆0.5[バッド(下向き矢印)])。ズケ汁も大さじ1杯回しかけました。“いくら”が乗れば、彩りも完璧なんですが(-☆0.5[バッド(下向き矢印)])。

 

 そう言えば、先週“ガリ”を、新ショウガ1個分漬けました。まだ結構お高いので、1個だけにしました。安くなったら、一杯漬けますね。[ぴかぴか(新しい)]

 

 お食後は、初物の“スイカ”でございます。小玉スイカ:698円(生協パルシステム:丸朝園芸農協 千葉県産)。

 

 

 食べてる途中で気が付き撮影。“スイカ”の分量が半分になっております。小さくても美味しいですよ。隣のグレープフルーツで“スイカ”の大きさが分ると思います。

 

 最近のスイカは、小さくて皮の薄い“小玉”に限りますよ。安い・旨い・軽い・ゴミが出ない・すぐ冷える、のいい所ずくめです。[ひらめき]東京では各家族化?が進み、大きいスイカは売れないそうです。(ひとりじめとシールが貼ってあります。一人用にしてはちょっと大きいかも・・・)

 

 千葉の園芸農協産と言うことは、ハウス物”でしょう。昔、スイカは八百屋さんで売ってました。大玉のスイカ懐かしいです。

 

 丼物は、後片付けも楽ですね・・・。

 

 


nice!(12)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

グリーンカレー [料理]

 

 新メニューに挑戦です。その名は“グリーンカレー”です。基本的には“タイ料理”の範中ですね。必要なものは“グリーンカレーペースト”です。“メープロイ”と言うメーカーが有名ですよ。

 

 

 お肉は、鶏肉です。S&Bのカレー粉・ハーブ類・ヨーグルトに、一晩浸け込んでおきます。レシピには無いのですが、玉ねぎを色付くまで炒めます[ひらめき]最低20分以上です。

 

 

 鶏肉も炒めます。ちょっと焦げ目が付くぐらいです。野菜も用意します。ニンジン・じゃがいも・ナス・ピーマン・いんげん

 

 

 水を加えて、炒め玉ねぎをミキサーでつぶします。[ひらめき]熱いままだと、蓋が飛ぶのでご注意ください(40℃以下)。材料を鍋に移して、グリーンカレーペースト・ココナツミルク・トマトピューレを加えます。ピューレが無かったので、角切りトマトをミキサーで粉砕して使いました。

 

 

 ありゃ。全然、グリーンじゃありません[バッド(下向き矢印)]。やっぱり炒め玉ねぎを入れたのが失敗ですね。焦げの色が出ちゃいました。このままでは大失敗ですよ。最終手段を実行。青寄せ作戦です。但し、灰汁を取るのではなく、冷凍ホウレン草をミキサーで粉砕投入します。

 

 

 大成功[グッド(上向き矢印)]です。ちゃんとグリーンになりました。野菜と鶏肉を投入。野菜に火が通れば完成です。煮込み過ぎると、せっかくのグリーンが飛んでしまいますよ。味付けには“ナンプラー”をお玉に1杯加えました。

 

 

 プランターのパクチーを乗せて完成です。

 

 だがしか~し辛いですもう激辛のレベル[爆弾]。袋に残ったグリーンカレーペーストを味見してみます。かなりの辛さがありますね。さや唐辛子は入れ過ぎでした。これでは、子供は食べられません。

 

 そこで、具材のみを取り出して、牛乳・リンゴジュース・甘口の“ルー”を加えてごまかしてみます。

 

P1010107.jpg

 

 結局は普通のカレーじゃないですか。

 

 リカバリーの連続で、カレーが2鍋出来てしまいました。これから3日間毎日“カレー”ですよ。

 

 でも、グリーンカレー美味しいです。久しぶりに、まともなカレーを食べました。父も、「カレーはこれ位辛くないとね・・・」と[グッド(上向き矢印)]大称賛。母・妹・甥・姪は「辛くて、とても食べられませ~ん」と[バッド(下向き矢印)]猛反発。どうも2対4で分が悪いです。甥・姪どちらでもいいから、早く辛いのに慣れてね・・・

 

 [ひらめき]辛いカレーは数年おあずけの様です。

 

 


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

<! --- 不?投稿の言い分け ---> [PC]

  

 おかげさまで、当ブログ“別荘生活(時々東京)”も1000ナイスを頂きました。これからも、ボチボチ頑張って行く予定なので、宜しくお願いいたします。[揺れるハート]

 

1000nice.jpg

 

 3~4日、ブログの投稿をお休みしておりました。皆様へのご訪問も同じくです。理由は、友人の“HP”(ホームページ)を製作しておりました。もちろん“お金はいただいておりません”。あくまで練習です。実は、HTMLJavaスクリプトの勉強がてらに、ひょんなことから、友人2軒分の“HP”を作ることになりました。出来たのはこんな感じです。

 

yachihoclubhp.jpg

 “八千穂倶楽部”

 

 こちらは(トップの“index.html”)、別荘の友人“Iさん”のHPです。別荘管理がメインですが、物件販売もやられています。夏場は、何時もお世話になっております。当然、我が別荘も、倶楽部会員になっておりますよ。年間5000円で、緊急時には、東京からリモートで、色々な問題に対処して頂いております。

 

goukaku_hp.jpg

 

 “ごうかく”

 

 こちらは(トップの“index.html”)、去年の12月にオープンした友人“K君”の“もつ料理”のお店、“ごうかく”さんのHPです。平均すると、東京にいる時は、週一回はお邪魔しているでしょうか? コーヒー焼酎も、こちらで、教えて頂きました。とにかく、“もつ”が新鮮なので、chalのもつ“もつ”のイメージが変わりました。(シャレではございません)

 

 ところで、今回製作した“HP”2作ですが、“メモ帳”・無料画像処理ソフトPictBear・“WindowsのPaint”を使って作りました。サーバーは“FC2”さんを使わせて頂きました。Chalホームページ作成ソフトを持っておりませんので、結構苦労しましたよ。まあ、練習ですから。さすがに、1から“Java”は書けないので、下記のテンプレートを使わせて頂きました。

 

 NIKUKYU-PUNCH

 

 とにかく、PCに一日12時間以上、貼りついていましたので、ブログを投稿する余裕は“0”でした。まあ、Google Chromeの使い方には慣れることができました。(便利です)

 以前、務めていた時は、“Photo shopIllustratorを使っていましたが、買い揃えていないので、全てフリーソフトをダウンロードする所から始めました。これくらいの、画像編集ならば、何とかなる物ですね。むしろ、今回ダウンロードしたソフトは軽いので、TV録画用の“東芝Qosmioにはちょうど良いかもしれません。

 

vf02.jpg

 

 先週始めたゲームVirtual Familiesですが、作業のために、ゲームを止めていました。開始後、6日目です。このゲームは“スクリーンセイバー”的なゲームで、進行には、1か月ぐらい係るかもしれません。まあ、こう言うゲームも有りでしょうけど、ゲーマーには向面白く無いでしょうね?

 

 


青寄せ(灰汁寄せ) [料理]

 

 皆様“青寄せ”という言葉をご存じでしょうか? ご存知の方がいれば、あなたは相当の和食通ですよ。青寄せとは、料理に緑の色付けをするために、緑の野菜から色を取り出す方法(仕事?)です。[ひらめき]非常に手間がかかります。

 

 食材はホウレンソ草です。ホウレン草の葉っぱだけを取って、塩と水を少し入れて、ひたすらすり鉢で当たります。(水の入れ過ぎに注意)。ちょうど冷凍のホウレン草が残っていたので、使ってしまいます。あれっ。賞味期限が半年前ですが・・・。

 

 

 大量に作る場合は、ミキサーでも良いのでしょうが、今回は全て手作業です。

 

 “kido_azusa”さんのブログ“伝統構法の家での暮らし”で、「機械は、何時だってやれること・・・」に衝撃を覚えました。私、今まで作業の手間を省くために、機械ばっかり使ってきたことを、反省しております[バッド(下向き矢印)]

 

 細かい網で裏ごしをしながら、緑の液と繊維を分離します。この作業を繰り返し(3回)、右下写真のようになるまで頑張ります。

 

 

 緑の水の鍋を火に掛けます。沸騰してくると、ほら、緑の灰汁みたいなものが、浮いてきますね(左下写真)。これをお玉で集めてキッチンペーパー搾ります。肝心な所の写真が撮れませんでした。手が2本しかないので・・・。熱いのでお気を付け下さい。

 

P5230052.jpg

 

 これで、“青寄せ”は完成です。

 

 [ひらめき]この作り方は、前出の“あじ彩”さんの、板さんに教えて頂きました。彼は、“灰汁寄せ”と仰っていましたが、どちらも正解のようです。「料理に灰汁を使う」とは、和食の奥深さに、感動です。[揺れるハート]

 

 “木の芽味噌の完成までは、まだ道半ばです。お次は、“黄味噌”を作ります。

 

P5230051.jpg

 

 別のすり鉢で、白味噌と卵の黄身を合わせて。良く練ります。電子レンジで10秒と練りを、なめらかになるまで繰り返します(5回ぐらい)。こちらも、“玉味噌”と言う方もいらっしゃいます。

 

 本当は、鍋で煉るのですが、今回は電子レンジでやってみました。焦げなくて済みますが、味噌焼き卵にならないように、チンし過ぎないようにお願いします。言った先から機械に頼るとは情けない[バッド(下向き矢印)]昼食時間が迫って来ましたので・・・。

 

 

 いよいよ“木の芽味噌”作りです。庭の山椒の若葉を10ほど取ってきて、葉っぱのをむしります。[ひらめき]山椒は小さいくせに、ちゃんと“堅くて鋭いトゲ”がありますので、ご注意ください。

 

 水を加えてすり鉢でこちらも良く練ります。木の芽はどんどん色が変わるので、手早くお願いします。

 

 

 “青寄せ”・“黄味噌”・“山椒”全部を混ぜて練り合わせます。

 

 味噌の固さは、出来上がりをイメージして、黄味噌の練り方で調整します。木の芽が入ってから火にかけると、山椒の香りが飛んでしまうので・・・。

 

 やっと完成。調理時間1時間以上の大作です。大変でしょ。

 

P5230053.jpg

 

 田楽に乗っている状態で食べるのは、10秒とかかりませんが、ものすごく手間が掛っているんですね。作ってみないと分からないものです。[ひらめき]これからは、もっと味わって食べることにします。

 

 今日のお昼は、昨日の“戦利品”の“素麺”を茹でて、いろんな出汁で、頂きます。

 

 

 完成です。4種の出汁”でお召し上がりください。

 

P5230055.jpg

 

 [ひらめき]木の芽味噌・胡麻ダレ・ポン酢・普通の出汁。薬味は、刻みネギ・青海苔・大葉・わさび・七味・柚子胡椒です。

 

 素麺は、味が単調なので、すぐに飽きてしまうのですが、こいつは好評でした。5人で10輪では足りずに2輪追加です。母の友人が2名ほど来られています。

 

 たかが素麺なんぞに、10時過ぎから2時間近くかかりました。当然、出汁も全て、手作りでございます[グッド(上向き矢印)]和食は大変ですが、手間をかけただけの事はありますね。

 

 「素麺で和食を語るとは、恐れを知らぬやつじゃ・・・」。“あじ彩”の、板さんから怒られそうです。山椒の葉っぱは、もう少し多くしても良かったですね。

 

 


nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京ガス販促会 [料理]

 

 近所のガス屋さんで、販促会があったので、ババ・姪・甥を連れてお出かけです。実は、妹から、午前中一杯“子守り”を頼まれていました。販促対象が、ガスのメンテ契約家庭のみ、と言うことですが、結構盛況ですね。

 

 東京の世田谷地区では、10月から“エネスタ”“東京ガスカスタマーサービス”が統合されて、“東京ガスライフバル東世田谷”に変わるそうです。ライフバル=Life+Valueの造語みたいです。どうやら、西世田谷もある様で、エリアが広いので、サービス向上のために世田谷地域を2つに分けたそうです。

 

 売り物は、「ECOWILL」「ECOジョーズ」「MiSTY」「ピピットコンロ」・・・。「Si付きセンサーコンロ」のデモを見てきました。合言葉は、「毎日のお料理を楽しく安全に」だそうです。そろそろ我が家も、買い替え時かも知れませんね。

 母が、乗り気なのがちょっと心配です。

 

 注目の 「エネファーム」 はまだメンテ対象外みたいです(本社扱い?)。東京ガスも頑張ってますね。最近、オール電化にやられっぱなしですから・・・[るんるん]

 

 さて、色々イベントがあつたのですが、子供らは、「風船」「ぬり絵」です。ぬり絵は“パウチ”までしてくれましたよ。

 

 

 大人は一人400円で、野菜やお菓子の即売に参加できるのですが、お釣りが無いので、二人分で1000円出して、こんなに色々もらいました。

 

 

 戦利品は、机いっぱいです。素麺2箱(20輪)、大根、きゅうり、バナナ、お菓子いっぱいです。全部買ったら倍ぐらいかな?[揺れるハート]

 

 

 昼食は、「トマトとツナのパスタ3人分。材料が足りないので、Chal「ペペロンチーノ」です。先に、ババ+子供を食べさせて、chalは後からゆっくりと食べますね。

 

 

 自家製ハーブ(ローズマリー・バジル)も加えます。お皿は、茹で汁で温めます。

 

 [ひらめき]隠し味に“バルサミコ”を少々”。パルメザンチーズもたっぷり削りかけます。

 

 

 Chal用のペペロンチーノもご紹介。ローズマリープラスです。ちょっとチーズのかけ過ぎでしょうか?[グッド(上向き矢印)]

 

 

 午後から妹夫婦は、子供たちを連れて新潟の“十日町”まで、“田植え”に行くそうです。一区画、1a(10m角)の委託耕作権?をゲットしたそうです。秋には、南魚沼産“コシヒカリ”をお願いしますね。

 

 子守のアルバイト代として、2Lのペットボトルのお茶を頂きました。ちょっと安すぎませんか?[爆弾] まあ、頂ける物は何でも頂きます[グッド(上向き矢印)]

 

 夜は、2名なので、簡単に済ませましょう。子供の面倒を見るのは疲れますね。冬物の洗濯もやりましたし、夕食作りのエネルギーが残っていません。

 

 「一杯飲みたいカラータイマー」が点滅中です。3分間で料理の完成はできるのか? そんな分けないでしょ・・・。

 

 

 もやし・ピーマン入りのマーボ茄子オクラ納豆豚フィレ肉の麹漬け、上げたての、“ヌカ漬け”(カブ・カブの葉っぱ・茄子)でございます。

 

 [ひらめき]“ヌカ漬け”は、今が旬なので、毎日食べてますよ。梅雨時期には味が落ちますので・・・。

 

 明日こそ、“木の芽味噌”に挑戦だ[グッド(上向き矢印)]。今日も?早寝しま~す。

 

 


nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冬物の洗濯? [料理]

  

 そろそろ、夏物を出さないといけない時期ですね。ところで、冬物のセーターなどは皆様どうしていらっしゃいますか? 家では極力クリーニングに出さないで、浸け置き洗剤で洗ってます。ドライ専用の物や、ウール、シルクも洗えますよ。以前は、特別に買っていたのですが、最近では通販でも売っているようです。

 

 

 適量をぬるま湯(水でも可)に溶かして、20分浸けこみます。脱水して、水を変えて2回ほど濯ぎます。脱水して、形を整えて陰干しします。簡単です。普通の洗濯機の洗濯槽を使う方が楽ですよ。普通の洗濯なら、残った洗濯液でもOKです。

 

 予想的中、汚れがひどいですね。普通の洗濯物が汚れそうなくらい。ところで、最近流行りの、斜めドラムの洗濯機では、浸け置き洗いは出来るのでしょうか?   

 我が家では、カーテンなんかもこれで洗ってます。使い方はこちらをご覧ください。

 

 ダスキン高級衣料用浸け置き洗剤

 

 

 冬物をまだ、半分しか洗っていませんが、全部クリーニングに出したら、1万円以上は、かかるのではないでしょうか? 乾いたものは、ビニール袋に防虫剤を入れて、タンスにしまいます。冬までおやすみなさ~い[眠い(睡眠)]

 

 

 今日の夕食は、豚の肉団子です。豚のひき肉300gにネギ・生姜・にんにく・ごま油・片栗粉・卵を加えて良く練ります。味付けは、塩・胡椒・老酒です。

 

 

 コツと言う訳ではありませんが、

 [ひらめき]スプーン2本で丸くすると、手で丸めるより、団子が柔らかく仕上がる様な気がします。当然、手も汚れません。それから、2度揚げです。1度目は低温(160℃)で5~6分じっくりと。2度目は、高温(180℃)1分。

 隣に、甘酢あんを用意して、揚げたてを浸けて行きます。甘酢あんに砂糖が入るので、肉団子にはあえて砂糖は入れていません。

 

 

 揚げたて美味しそうでしょ。湯気が立ってますよ。2度揚げの効果でしょうか? 料理写真は、なかなかこんな風には取れませんね。最近の[ぴかぴか(新しい)]ベストショット[ぴかぴか(新しい)]かもしれません。周囲には、チンゲン菜の塩味炒め。これは定番でしょうか。

 

 庭で初収穫した大葉を使って、きゅうりの胡麻和えを作りました。

 

P5170054.jpg

 

 ヌカ漬けも美味しいですよ。梅雨に入ると味が落ちてくるので、今が旬です。昨日の鮭の塩焼きも食べてくださいね。今日は全て、主婦(夫)ネタになってしまいました。

 

 


nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

燻製・薫煙大作戦 [料理]

 

 先日、行きつけの“あじ彩”さんにお邪魔した時の話。今日は、板さんもいらっしゃるので、手の凝ったおつまみも頂けます。お通しは、“ウドとイカの木の芽和え(右下写真)”・“ホタテの佃煮”です。おつまみは“アスパラ豚巻き”。

 

 携帯カメラなので、画像が悪いのはご勘弁ください。きれいな緑色ですね。[揺れるハート]

 この“ウドとイカの木の芽和え”なんですが、“木の芽味噌”(山椒)が利いていて、絶品でした。作り方は、後日ご紹介出来るかと思います。

 

 燻製の弟子でもある、女将の“A子”さんから、「これ燻製にして来て・・・」と言われました。お店には、なんと“ハタハタ”が既に風乾中。“A子”さんの甥っ子さんが、漁師をしているそうで、昨日届いた高級品です。

 

 私“Chal” 設計・製造の、“燻製器”をお借りしているので、快くお引き受けしました。実は昨日、ハンバーグを作りながら、“ハタハタの燻製”も作っていたのです。

 

 

 分けがあり、裏の納屋で再度風乾です。“ハタハタ”は、ソミュール液には浸けないで、軽く塩をしたそうです。今回も“サクラのウッド”で温薫にします。温度を上げるために、保温プレートも登場です。燻製缶に多少余裕があるので、卵を茹でて、味付け卵も用意しました。

 

 

 お分かりでしょうか? 横には自慢のハーブプランターがありますね。

  

[ひらめき]燻製の煙で、害虫駆除もやってしまおうと・・・。

 これぞ、一石二鳥。”燻製・薫煙大作戦”です。

 

 

 卵一個が焦げたので、食べてしまいました。ハタハタ2匹落下です。それも胴体の真ん中から・・・[バッド(下向き矢印)]身が柔らかい魚の燻製は難しいですね。温度は70℃で約3時間

今回は、ちょっと失敗気味ですが、完成品はこちらです。

 

P5190027.jpg

 

 そうでした。お昼に味付け卵1個を、母にあげたんでした。[爆弾]

 

 結局完成品は、ハタハタ13匹・味付け卵3個です。落下品で味を確認。浅目の燻製は正解でした。でも、“ハタハタ”は、鍋が一番美味しいような気がしますね。

 早速、“あじ彩”さんに、お届けに行きます。“生ビール一杯サービス”につられました。明日は、木の芽味噌作りに挑戦しますね。超難関の“和食”でございます。

 

 [ひらめき]実は焼酎もサービスして頂きました。今朝は、プランターのバジルに虫が付いていませんでした。それなりの効果は有った様です。

 

 

 


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

再現レシピ [料理]

 

 牛ひき肉が600gあります。冷蔵なので、今日中に使わなければ。

 そうだ、以前 「NHK:ためしてガッテン」 で紹介していた 「シェフが本気で脱帽!ハンバーグ極上化作戦」 を再現してみましょう。

 

 [ひらめき]秘密の食材はこちらです。

 

 

 “糸寒天”“おふ”です。寒天を刻んで使えとありますが、自信がないので、完全再現は早くも断念[バッド(下向き矢印)]水で戻して、煮溶かして、ビーフブイヨンを加えました。冷蔵庫で冷やし固めておきます。“おふ”の方は、ミキサーでクラッシュ

 

 

 ここまでは、昨日の夜の作業です。

 

 日付が変わり、今日になりました。バターで炒め玉ねぎを作ります。にんにくを少し追加してあります。粗熱が取れた所で、パティ作りの準備完了。

 

 

 塩・胡椒・ナツメグ・オールスパイスを加え、全材料を投入。[るんるん]モミモミ・・・

粘りが出てくるまで良く混ぜます。

  

 挽肉が冷たくて気持ちいいです。今日も結構暑かったですね。明日は7月上旬の気温になるそうですよ。

 

 冷蔵庫で1時間ほど寝かします。[眠い(睡眠)]スヤスヤ・・・

 

 

 夕方5時になりました。夕食準備開始です。

  

 あれっ。肉が手に付きませんね。いつもと違う感じで、期待が持てます[グッド(上向き矢印)]

 

 ジャガイモを7mmにスライスします。電子レンジで3分チンしておきます。この作業もアレンジしてしまいました。

 

 いよいよ焼きです。[ひらめき]ここが、勝負の分かれ目です。

 

 フライパンを加熱。めんどくさいので、テフロンのフライパンです。1個100gのビックサイズにしてみました。

 

 

 2分ほど最大火力で焦げ目をつけたらひっくり返して、更に1分焼いて、一旦さらに取り出します。

 

 フライパンにジャガイモを並べて、ジャガイモがひたひたになる程度のお湯を張ります。さすがテフロンコート。何をしても焦げませんね。

 

 

 ハンバーグを乗せて、蒸し煮で5分。竹串を刺して、火の通りを確認。良いですね。肉汁が吹き出してきます[グッド(上向き矢印)]

 

 [ひらめき]いつも、火が通るとだいぶ痩せるのですが、今日はあんまり小さくなりません。

 

 ハンバーグとジャガイモをさらに盛り付けて、鍋の焦げを赤ワインで洗い落として、ウスターソースとトマトケチャップを加えます。こんな事言ってなかったかも・・・。

 

 完成です。二日がかりの力作なんですが・・・。

 

P5190023.jpg

 

 アップもご紹介。付合せは、家庭菜園のベビーリーフ(もうヤングリーフですね)とニンジンのグラッセです。

 

P5190024.jpg

 

 いかがですか。確かに美味しいです。あっ。牛脂と牛乳を入れるの忘れました。[バッド(下向き矢印)]

 

 それでも、これはなかなかの一品です。柔らかいしジューシですね。付け合わせのジャガイモも美味しいです。

 

 考察:確かに極上です。レストランみたい。ただし、ここまで手をかけるのはしんどいです。材料忘れ、アレンジ等が入り、完全再現にはなりませんでしたが、試しがいはありますよ。

 

 


nice!(10)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

網戸の張り替えいかがですか~ [住宅]

 

 網戸を張り替えます。網戸の“網”に関しても、最近は色々の製品がありますね。とりあえず、BeforeAfter

 

 

 この際なので、知ってる範囲で多少調べたので、まとめておきます。

 

☆アミの細かさについて

 メッシュの間隔(1インチ:25.1mm当たりの本数)、目合い(糸の間隔)のどちらかの表示があります。例えば、一般的な24メッシュならば、目合いは約1mmとなります。種類も様々で、161.5mm)~600.4mm)メッシュぐらいまであります。0.4mm程度になると花粉対策にもなりますね。当然、網の目が細かくなると、開口率は下がりますので、風の通りは悪くなります。変わり物では、網の目が長方形の物もあります。

 

☆材質について

 ナイロン・ステンレス・グラスファイバー等が一般的でしょうか。台所など、近くで火を使う所は、燃えない素材ステンレスペットのいるお宅では、グラスファイバーの強化ネットがいいかも知れません。

 

☆色について

 黒・グレー・ブルー・ブロンズ等が一般的です。色をオーダーすることも可能の様ですが、小口では購入できない様です。変わり物としては、表と裏で色が違っていて(外:シルバー・内:黒)、外から家の中が見えない網もあります。

 

☆ガスケット(周りのゴム)について

 特殊形状(Π:こんな形)と丸い物に分かれます。丸い物は、サイズが色々あり、3.54.55.56.8mmぐらいが一般的でしょうか? 調べてからホームセンターに行きましょうね。

 

☆耐用年数・交換費用・価格

 条件によりますが、ナイロンで5~6年(紫外線劣化します)。他の素材で10年程度です。業者に頼むと、ナイロンの材工込みで、1か所5千円程度でしょうか? ホームセンターなら、ナイロンメッシュで、1枚300円程度。専用工具を買っても千円でお釣りが来ます。(専用工具:ローラーが無いと、交換はかなり厳しいですよ)

 

 さて、我が家では24メッシュのグレーを使っています。使う道具は、ローラー・カッター・洗濯バサミ・ハサミです。一応、予備のガスケットも用意しました。

 

 

 正直に言えば、網戸より大きな作業台がないと辛いです。必要に応じて、ベニヤ板等で仮設してください。

 

 

 我が家の網戸は、取っ手を取り外さないと作業が出来ないタイプです。ガスケットの端部にドライバーの先を突っ込み、ガスケットを外します。カビや汚れがひどい場合は、ガスケットをそのまま、漂白剤に浸けるのが良いですよ。普通の汚れなら、雑巾で水拭きします。

 

 

  網戸の溝を掃除します。実は、これに一番時間がかかります。コーナー部は“綿棒”や“松居棒”でお願いします。新しい網をセットします。

 

 [ひらめき]緩めにセットして、洗濯バサミで、何点か周囲を押さえておきます。

 

 

 きれいになったガスケットを差し込みます。角・辺の真ん中・どこでも結構。ローラーを押しつけて、ぐるっと一周押し込みます。コーナー部は、ローラーの出っ張りを使います。大抵、ガスケットが余ってしまうので、長い分はハサミで切り落とします。

 

 網の緩みが無いかを確認して、カッターで、はみ出ている網を切り落とします。大胆かつ慎重に、1ストロークでカットしてください。完成しました。

 

 

 我が家の網戸の枚数を数えると、大:6尺角(1)・中:3×6尺(10)・小:3×1尺(9)・ミニ:サイズばらばら(5)の合計:25枚(1尺=30.3cm)。業者に頼んだ事は無いのですが、全部頼むと数万円以上かかると思います。

  

 今回は、中2・小1枚を交換。掃除を含め作業時間は1.5時間でした。内、掃除が1時間でしょうか?

 

 [ひらめき]切りそろえた後で、緩みに気付いた時は、緩い所に、熱湯をかけるか、ドライヤーを当ててみてください(ナイロンのみ)。収縮してピンとなりますよ。

 

 加減があるので、ドライヤーでナイロンを溶かさない程度にお願いします。元も子も亡くなります。[爆弾]

 

 [揺れるハート]ブログをご覧のお父様方。腕の見せ所ですよ。DIYで安くあげて、奥様(女王様・総統・・・)から、金一封やボトル1本サービスが期待できるかも?

 

 網戸に関して、詳しくはこちらをご参照ください。“網戸の豆知識”

 

 なんやかんだで、午前中一杯かかりました。お昼は、“冷凍きつねうどん”です。

 

P5180057.jpg

 

 お揚げさん・ホウレンソウは、夕食材料をピンハネです。ワカメと刻みネギを追加。今日は、お好みで、七味唐辛子ではなく、柚子胡椒を少々。

 

 今日は暑いですね。最高気温28.4℃。もう夏間近ですよ。お宅の網戸の準備はだいじょぶですか?

 

 


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

コリアンダー・パクチー・香菜(シャンッアイ)みんな一緒 [料理]

 

 いつの間にか、“イチゴ(栃乙女)”に花が咲いて、実が付いていますね。やはり虫が少ないと形の良いイチゴは出来ない様です。2月に植えたので、今年は結実しないと思っていました。赤い実も1個発見。

 

 我が家の主食のベビーリーフプランターに侵入者を発見。“青じそ”君ですね。

 

 [ひらめき]おめーら本当に風に飛ばされて、いろんな所から生えるんだね。まあ、来週までの命だ。“素麺”か“やっこ”の薬味にして食べてやるから、首を洗って待ってなさい。

 

 

 4月に植えたコリアンダーは元気がいいのですが、先日の大風で、多少倒れ気味です。今日は、暴風波浪警報が出ているので、つっかえ棒を立てておきました。プランターの浅植えなんで、根元に腐葉土を足して、手で固めておきました。これで何とかなるでしょうか。

 

 

 倒れているパクチーの茎を何本か収穫しました。それから、昨日の飲んだ帰りに買ってきた、ポテチとラーメンです。

 

 

 ラーメンは麺だけの物を探したんですが、売り切れだったので、しぶしぶスープ付きのものを購入。まあ、醤油のスープは別の何かに使います。

 

 今日の昼は一人と分かっていたので、作りたかったのは、「ナッツ入りエスニック坦々麺」。

 

 

 冷蔵庫に余っている野菜と、豚ひき肉・おろし生姜・ニンニク胡麻油で炒めます。フライパンの空いた所を使って、豆板醤甜麺醤XO醤煙が出るくらいまで炒めます。中華出汁オースターソースを加えて、野菜に絡めてから、お湯を1カップ加えます。

 

  

 練り胡麻が無かったので、すり胡麻を当たって、ナンプラー黒酢レモン汁胡椒粗挽き唐辛子陳皮のみじん切り・ピーナツバターをを加え、こちらにもお湯を1カップ加えて良く混ぜます。これに、粗く砕いたカシューナッツを加え、パクチーネギも準備完了。

 

 全部合わせて、一煮立ちで、坦々エスニックスープの完成です。麺も茹でます。

 

 

 [ひらめき]家の中は、コリアンダーと唐辛子の香りでムンムンですよ。この組み合わせは、母が大嫌いなものばかりなので、chalは母の外出を狙っていたのです。「ナッツ入りエスニック坦々麺」の完成です。

 

P5170049.jpg

 

 特にコツはないのですが、汁をドロドロにして、少なくすることですね(言うならば、天下一品ラーメンのもっと濃いスープです)。

 

 エスニックなスープが麺にからんで最高です。本来は、中華出汁ではなく、トムヤムクンスープの素で作るのが正解です。よろしければレモングラスも加えてくださいね。

  

 [ひらめき]毛穴が開いて、汗が吹き出します。お好みで、ホワジャオ(花山椒)も加えてください。

 

 [ひらめき]食欲不振・二日酔い夏バテに効果絶大です。

  

 カシューナッツの食感も良いですよ。是非お試しを・・・。見た目はカレーラーメンみたいですけど。

 

 [爆弾]エスニック坦々麺スープ調味料のまとめ(2人分)

 

 練りゴマ・ピーナツバター     :大さじ3

 ナンプラー・黒酢         :大さじ2

 レモン汁             :大さじ1

 豆板醤・甜麺醤・XO醤・中華出汁・

 おろし生姜・にんにく・陳皮    :小さじ1

 

 以下は、お好みで

 

 香辛料:花山椒(ホワジャオ)・粗挽き唐辛子・粉唐辛子・ごま油(ラー油)

 ・ココナツミルク

 具材:レモングラス・海老・水菜・ニラ・もやし・チンゲン菜・きぬさや等

 

 ☆ナッツ類が無ければ“柿の種クラッシュ”でもOK。

 


nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。