So-net無料ブログ作成

おせち作り4 [料理]

 

1229日の12h30mに東京を出て、特に渋滞もなく、新潟県の苗場スキー場に到着したのが15h30m。ずーっと天気が悪い予報が出ているので、とりあえず記念撮影です。正月の3日まで、苗場にいる予定です。こちらでは、インターネットのインフラが整っていないのでNTT mopera Uで、通信速度が460K)、ブログの更新がままなりません。情報によれば、プリンスホテルでは無線LANが使えるそうなので、明日にでもパソコン持参で、スキーに行ってみます。

 
naeba0912291600.jpg naeba0912291800.jpg  
 

おせち作り

 

「炒り鳥」

材 料:鳥ささみ・人参・筍の水煮・レンコン・干し椎茸の戻し・ごぼう・コンニャク

    全部で鍋の7割

調味料:だし300cc・醤油大さじ3・みりん大さじ2・砂糖大さじ1・ごま油

 
iridori_kansei.jpg
 

 すべての材料をサイコロ状に切りそろえ、鶏肉をごま油で炒めます。硬い野菜から順番に、全ての材料を炒め、油が廻った所で、全ての調味料を加えて、煮込みます。だしがほとんど無くなれば完成です。

 

「八つ頭の煮物」

材 料:八つ頭400g

調味料:砂糖大さじ3・醤油大さじ1・酒大さじ1・塩小さじ1・だしカップ2

 
yatugashira_nimono.jpg
 
 

 八つ頭は、皮をむいて一口大に切り、1回は茹でこぼします。芋が柔らかくなったところでざるに上げ、調味料を加えた鍋で10分ほど煮て、冷まして味をしみ込ませます。これは、妹製作によるものです。

 

苗場スキー場では、1230日の夕方から本格的な雪になってきました。

姪と甥がベランダの吹きだまりの雪で、雪だるまを作っています。


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おせち作り3 [料理]

 

 料理の前に、風邪のため、先週やり残しの窓ふきとレースのカーテンの洗濯を片付けました。レースのカーテン14枚を3回に分けて洗濯。洗濯中に窓拭き。やり方は効率的だと思うのですが、さすがに枚数が多いので・・・。それでもなんとか午前中に完了です。

 窓拭きには、スクイージーとジョンソンガラスクルーが良いですよ。

     

「ニシンの昆布巻き」

材 料:身欠ニシン・昆布(巾3~4cm10g・かんぴょう20

調味料:酒(カップ1/2)・砂糖(カップ1/2)・醤油大さじ6

  
kobumaki_kansei.jpg
 

身欠ニシンの戻し方は、昨日の記事を参照してください。

昆布・かんぴょうは水で戻して、長さ10cmに切ります。戻したニシンは3~4cmに切りそろえます。ニシンを昆布で巻いて、真中をかんぴょうで結びます。昆布が炊くと膨らむので、多少ゆるくても大丈夫です。昆布巻きを圧力鍋に入れ、ひたひたに水を入れ、アクを取りながら10分ほど煮ます。調味料を加えて、圧力加熱10分。蓋が取れるようになったら、煮汁がなくなるまで煮詰めます。

 掃除中に母が作っちゃいました。お味は☆☆☆☆☆。かんぴょうで結ぶのがめんどくさいですが・・・。単品作業時間1時間・合計作業時間2時間25分。

「ごまめの田作り」

材 料:ごまめ(かたくちいわしの煮干し)30~40g

調味料:砂糖・醤油・みりん・酒 大さじ1.5

 

gomamenotadukuri.jpg

 

 煮干しは空炒りをしておきます。鍋に調味料を入れ、とろみがついてきた所で、ごまめを入れてからめます。飴状になった所で、クッキングペーパーの上に広げて冷まして出来上がり。

 これも掃除中に母がやっちゃいました。簡単ですからね・・・。お味は☆☆☆☆☆。単品作業時間10分・合計作業時間2時間35分。

 

 

「紅白なます」

材 料:大根500g・ニンジン100g・干柿・白ゴマ適宜

調味料:塩・砂糖・白ダシ醤油大さじ2・米酢100cc

    

 大根とニンジンを5~6cmの千切りにしてザルに入れ、扱いやすくするために、上から熱湯をかけて湯通しします。水気をよく切って、塩を加えてもみ込みます。10分ほど置いてから固く絞って、塩以外の調味料を加えて、よく混ぜて、完成です。

 すごく水が出ますから、出来るだけ固く絞ってください。千切りにはスライサーを使いました。食べる前に、干しガキの千切り・白ゴマを加えて和えます。

単品作業時間15分・合計作業時間2時間50分。味見で☆☆☆以上。失敗のしようがないので・・・。

  

その他の作業

「干し椎茸の旨煮」「戻した干し椎茸」

  
shiitakeumani.jpg
 

 炒り鳥・お煮しめ等に入れます。干し椎茸・昆布の戻し汁は煮物やお雑煮のダシとしてご使用ください。

東京での作業は、椎茸の旨煮を含めて合計約3時間でした。明日の午後から、新潟県の苗場スキー場に行きます。「酢蓮」・「お煮しめ」・「炒り鳥」は、苗場の方で作ります。

31日に妹作成の「おせち」と合わせて、重箱に盛りつけます。

  
sky001.jpg
 

スキーも物置から出して清掃・チェック済みです。去年は、滑走日数が少なかったので、チューンには出してなかったので。それより、上越に雪は降ったのでしょうか。一応、積雪110cmとなっているのですが・・・。

 


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おせち作り2 [料理]

 

我が家・妹宅でおせち作りの担当分けを行います。我が家の担当は、「昆布巻き」・「白豆」「黒豆」・「田作り」・「数の子」・「紅白なます」・「酢蓮」・「炒り鳥」・「お煮しめ」・「栗きんとん」(完成済)・・・。今晩、打ち合せをする予定ですが、今年もブッキングするでしょうね。

 

「白豆」

材 料:白いんげん豆300g

調味料:水(800cc)・砂糖(300g)・塩少々

 

ingen02.jpg ingen01.jpg

豆300gを3倍程度の水に12時間浸けて、浸け水ごと2分ほど沸騰させます。一度豆をザルに上げます。圧力鍋に分量の水と豆を入れ、落とし蓋をして5分ほど圧力加熱をして、火を止めます。蓋が開くようになったら、余った煮汁を捨てて、砂糖・塩を加えて煮詰めます。火を止めて、味を含ませて出来上がり。

単品作業時間30分(放置時間含まず)・合計作業時間40分。

出来栄えは☆☆☆☆☆。圧力鍋を使うと、早くて簡単です。[ひらめき]落とし蓋をして、圧力加熱するのがコツでしょうか・・・。[ひらめき]

  

shiromame_kansei.jpg

  

 上の写真はお試し用です。本チャン用は、大晦日まで冷凍しておきます。ご期待ください。

  

「黒豆」

材 料:黒豆300g

調味料:熱湯(1200cc)・砂糖(250g)・塩少々・錆び釘

 

kuromame_shinsui.jpg kuromame_niru.jpg

  

 圧力鍋に洗った黒豆と、熱湯・調味料を全てを加え、蓋をして12時間放置します。落とし蓋をして、圧力加熱15。火を止めて冷まします。圧力鍋の蓋が開くようになったら、一度沸騰させて、アクを取り、1晩味を含ませて出来上がり。

 単品作業時間30分時間(放置時間含まず)・合計作業時間1時間10

 煮えたばかりですが、味見・見栄えでは☆☆☆☆[ひらめき]錆び釘(塩化第二鉄)を入れて煮ると、鉄キレート反応で、黒い色が鮮やかになります。[ひらめき]落とし蓋を忘れずに。煮汁から豆が顔を出した状態で煮ると、腹が割れて「切腹」になります。

 

kuromame_kansei.jpg

 

 

 

「数の子」

材 料:塩数の子(150g)

調味料:鰹だし(1カップ強)・酒(大さじ3)・白醤油(小さじ3)

 

kazuniko_shiodashi.jpg kazunoko_kansei.jpg

 

 味見をしながら、12~16時間、水を替えながら塩出しをします。途中で、数の子に付いている膜などを、きれいに取ります。「数の子」に切り目を入れておくと、塩出しも、出汁浸けも短くて済みます。ちょっと塩辛い程度で、塩出し完了。日本酒(分量外)を「数の子」に振りかけて、消毒しておきます。調味料を鍋に入れて、一旦沸騰させてから、冷ましたあと、「数の子」を1晩浸けこみます。

 出し漬け中ですが、出来栄え☆☆☆。たぶんいい感じだと思います。[ひらめき]「数の子」は、塩出しし過ぎると、味も素っ気もなくなるので、要注意です。[ひらめき]

 単品作業時間15分時間(放置時間含まず)・合計作業時間1時間25分 

 

その他の作業

   「煮物用の椎茸」戻し中         「昆布巻きの身欠ニシン」戻し中

 

shiitake_modoshi.jpg      nishin_shinsui.jpg

 

 もう冬至はとうに過ぎてしまったのですが、遅まきながら「柚子湯」に入ります。庭の柚子を4個ほどぎりました(残り5個)。しぼり汁と皮は料理に使います。洗濯ネットに入れれば、お風呂の掃除も楽ですよ。

 

yuzuyu.jpg

 

 明日の買い物リスト。昆布巻き用の昆布・銀だら・れんこん・・・。

 
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おせち作り1 [料理]

 

 そろそろおせち作りの開始です。日持ちのする「栗きんとん」から作ります。自分なりに、満点を☆☆☆☆☆として採点していきます。しばらくは料理記事の連載になりますのであしからず。風邪も直ってきたので頑張ります。

 

「栗きんとん」

材 料:栗の甘露煮・サツマイモの裏ごし(冷凍)

調味料:水飴・みりん・酒

 

kinton01.jpg kinton02.jpg

 解凍したサツマイモの裏ごしに水・みりん・酒を加えて火にかけます。ふつふつしてきたら、水飴を加えて、秋にフリージングして置いた、栗の甘露煮をチンして、サツマイモと混ぜ込んで完成です。(単品作業時間10分・合計作業時間:10分)

本当は、クチナシやキンカンで色付けしたりするのですが、今年も手抜きで、これで完成です。

色が悪いので☆☆☆。栗の甘露煮にかなり砂糖が入っているので、あえて砂糖は入れませんでした。栗の甘露煮のない方は、長野の小布施堂の「栗鹿の子」で代用してください。冷凍や缶詰の栗は、まず売ってないので・・・。[ひらめき]家庭用の物があったら教えてくださいね。[ひらめき]

 
kinton_kansen.jpg
 
 

一応、作った日付をポストイットで貼りました。

 

小布施堂「栗鹿の子」:http://www.obusedo.com/shopping/detail/kanoko.html

 

次は、昆布巻き・数の子・白いんげんの準備です。

 「昆布巻き」用の、「身欠ニシン」は2晩、米のとぎ汁に付けて、柔らかくします。「塩数の子」も買って来ましたよ。最近の「塩数の子」はあんまり塩がきつくないので、水で1晩戻せばいいと思いますので、明日にします。

 
nishin_kazunoko.jpg
 
 

「白いんげん」も一晩水で戻して、圧力釜で煮ます。一応、「落とし蓋」をして、豆が水面から顔を出さないようにします。煮る時も、黒豆も同様ですが、[ひらめき]完全に、煮汁に浸った状態で煮れば、腹は割れません。[ひらめき] 正月早々「腹が割れる」=「切腹」では縁起が悪いので・・・。

 

ingen01.jpg ingen02.jpg

 明日は黒豆を買ってきて、1晩水に戻して、煮が1日、漬けこみ1日、完成は31日ですね。おせち料理は、水で戻したり、出汁に漬けたりする時間がかかるので、作る順番と、段取りが大切です。このペースで31日までに終わるでしょうか・・・。

 お正月、松前漬け おせちに 数の子安心、安全の無漂白高級塩かずのこ 300g

お正月、松前漬け おせちに 数の子安心、安全の無漂白高級塩かずのこ 300g

北海道十勝産大手亡豆(白いんげん豆)[2kg]

 


nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クリスマス [料理]

 

クリスマスのメニューです。今日の料理は、かなりの力作ぞろいですよ。

 

「いんちきローストチキン」

 

普段の鳥の照り焼きを、洋風にアレンジしてみます。骨付きの鳥もも肉を、買いに行けなかったので、冷凍の鳥ももの角切りで作ります。

 

材 料:鳥もも肉(冷凍)。付合せ:玉ネギ・にんじん・冷凍ポテトフライ・ブロッコリー

調味料:醤油・ケチャップ・ウスターソース・ワイン・にんにく・オリーブオイル・

    ローズマリー

 

ro-sutochikin1.jpg ro-sutochikin2.jpg

 

 全ての調味料をビニール袋に入れて、鶏肉を半日ほど漬け込みます。にんじん・ブロッコリーは下茹でします。オーブンの天板の上に、ブロッコリー以外の、付け合わせの野菜を敷いて、その上にアミを置いて、漬けこんだ鶏肉を並べて、230℃のオーブンに入れて、15で出来上がりです。茹でたブロッコリーを天板に並べ、オーブンの余熱で温めます。[ひらめき]鳥のうま味を野菜が吸い込んで、付け合わせもグッドですよ。[ひらめき]

 

ro-sutochikin_kansei.jpg

 

「イタリアンカラーのペペロンチーノ」

デュラムセモリナ粉に、昨日のニンジンペースト(赤)ホウレンソウのペースト(緑)卵(白)を練りこんでパスタにします。

   

材 料:デュラムセモリナ粉・強力粉(打ち粉)・卵・ニンジン・ホウレンソウ・

調味料:オリーブオイル・にんにく・唐辛子・ローズマリー

 

sansyokupasuta1.jpg sansyokupasuta2.jpg

sansyokupasuta3.jpg sansyokupeperon.jpg

 

茹で上げたパスタを、ご存じ、アーリオ・オレーオ・ぺぺロンチーノで炒めるだけです。今回は、極太のバスタにしてみました。すごい歯ごたえです。[ひらめき]さぬきうどんを食べている様な食感です。[ひらめき]でもパ、スタマシーンがないと辛いですよね。

 

「揚げワンタン」

 

 これは母担当です。餃子のネタを作って、ワンタンの皮に包んで、油で揚げます。揚がったワンタンを、とろみを付けた甘酢に漬けて、お皿に盛って出来上がり。

 

材 料:ワンタンの皮・餃子の種(豚ひき肉・ネギ・ニラ・にんにく・しょうが)

調味用:黒酢・オイスターソース・砂糖・醤油・鶏がらスープの素・片栗粉

 

wantan.jpg agewantan.jpg

 

揚げたてワンタンの油を切って、とろみを付けた甘酢あんにくぐらせるだけ。甘酢に浸けると「ジュー」と音がします。揚げたてはサクサク。時間がたつとしっとり。[ひらめき]パーティー料理には最適です。[ひらめき]

kansei_agewantan.jpg

 

 

「セロリと海老のサラダ」

 

 これは簡単。海老とセロリの中華風サラダです。

 

材 料:海老・セロリ

調味料:中華ドレッシング(既製品)・老酒

   

セロリは、シャキシャキ感が残るように茹でます。[ひらめき]茹ですぎに注意してください[ひらめき]。海老は酒炒りします。海老の色が変わればOKです。熱いうちにドレッシングで和えます。

 

ebi_serori_sarada.jpg

 

「コンフィのローストビーフ」

 これは妹の担当。先月コンフィの調理法を教えました。手ぶらじゃと言うことで、作って来たそうです。ちょっと火が入りすぎかな?

 

材 料:牛ロース

調味料:塩・コショウ・ワイン・オリーブオイル・オールスパイス・にんにく

 

[ひらめき]調味料をビニール袋に入れて、牛のロースを半日ほど漬け込みます。そのまま沸騰ポットを80℃にセットして、1時間ほど浸けておくだけです。[ひらめき]沸騰ポットから肉を取り出して、フライパンで周囲に焦げ目を付ければ完成です。漬け汁は、同じフライパンで、赤ワインを加えて煮詰めて、グレービーソースを作ります。

 

ro-sutobi-fu.jpg

 

 子供にかまけて、2時間以上ポットに入れていたそうです。[バッド(下向き矢印)] それじゃーしょうがないですね。子育ては忙しいもんね・・・。

 

「里芋と厚揚げの煮物」

 和食も一品欲しいと思ったので、追加で作りました。

 

材 料:里芋・厚揚げ・きぬさや

調味料:かつおだし・白醤油・砂糖・みりん

 

 里芋は2回ほど茹でこぼします。2回目の茹でこぼしの時に、きぬさやも下茹でしておきます。2回目の茹でこぼしたお湯で、厚揚げを湯通しします。あとは、材料・調味料・水を鍋に入れて、煮汁がなくなるまで中火で煮ます。[ひらめき]焦げないようにご注意ください。[ひらめき] ちょっとだけ焦げちゃいました・・・[バッド(下向き矢印)]

 

satoimo_age_nimono.jpg

 

 

その他、スモークサーモン・ぬか漬け・ごはん

 

sa-monkeltupa-.jpg kansei_zentai.jpg

 

「デザート」

「リンゴのタルト」・紅茶・フールーツ(いちご・キウイ・ピンクグレープフルーツの盛り合わせ)

 

ringotaruto.jpg

 

「りんごのタルト」は妹の製作です。仕事の電話があり、対応している間に、いちごとキウイは全部食べられちゃいました。(泣)[バッド(下向き矢印)]

 [ひらめき]料理している間に熱が下がってきたようです。[グッド(上向き矢印)]汗びっしょりになりましたからね・・・。[ひらめき]

 

 

 


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

100年住宅 [住宅]

  

 日本の個建て住宅の寿命は何年でしょう。欧米に比べ、極端に短く30~40年の様です。戦後間もない、物資難の時代なら、いい材料が無かったので分かりますが、欧米の様に、日本も100年住宅を目指したいものです。 最近のアメリカでは、不動産バブルのあと、空前のDIYブームが到来しているそうです。まあ、日本には地震があるので、100年と言うのは、妥当な数字かもしれませんね。 家では改修の度(今までで2回)、床から60cmの所全てに、高齢者対応で、手摺が設置できるように補強材を入れています。断熱・防音の面から、断熱材のグラスウールは64kg品を入れています。全然違いますよ、特に防音面では・・・。 持論はこれぐらいにして、先日完了した風呂桶のコーティング効果のほどは如何でしょう。

hasuikouka.jpg furobaseiridana.jpg

 これ、画像処理はしていませんので、あしからず。すごい散水効果でしょ。 ついでに、出窓に置いていた、洗剤・シャンプー等もまとめてみました。アルカリ性の洗剤等は、塗装面を極端に痛めるので・・・。タオル掛けの様な物に、スプレーボトルの握り部分を掛けるとうまく整理できます。100円ショップで300円。

syoumeikiguato.jpg sentaltukiyoko.jpg

 照明器具の選び方も問題です。地下付けタイプは、器具を交換した後にこうなります。極力、天井のローゼットのみで取り付けられるものを選びましょう。15年もしたら、照明器具も壊れますので・・・。洗濯機のバットの位置関係は、排水管の関係で変えられません。洗濯機も、最近はかなりスリムになりました。今年、余ったスペースに整理棚を作りました。最近の洗濯機は、風呂の残り湯を給水できる物も多いです。家では、小型ポンプとホースでやっていますが、恒久的な配管があってもいいかと思います。

boira-ato.jpg rouka_ko-to.jpg

 ここは、建築当初、ボイラーが設置されていました。今は納戸状態です。最近の給湯熱源機は外部に設置されるので・・・。来年はここを整理して、クローゼットにして廊下の通行困難を解消しようかな?、防災上も重要ですよね。大掃除をした後にしては、散らかりすぎですね。

aisume-ka-.jpg reizoukoura.jpg

 以前にも書いたのですが、冷蔵庫の後ろに、給水管を設置するのも良いと思います。アメリカなどでは、冷蔵庫のアイスメーカーは非必アイテムになっているので、必ず水道が来ています。火傷など、いつも冷蔵庫に氷があると心強いですし、料理にもふんだんに氷が使えますよ。日本の冷蔵庫だとタンク式の製氷機が多いと思います。家はGEの冷蔵庫で、浄水器とアイスメーカーが付いています。

 実はまだ風邪が治っていないので、思うように動けません。[バッド(下向き矢印)]

 熱は出ないのですが、喉と、お腹にきています。今年の風邪も治りにくいですね。たんなる自分の老化かも・・・。 年末・年始のご挨拶用に、ケーキが足りなくなりそうなので、4本追加しました。

ke-kituika.jpg ke-kinodannmaen.jpg

 本日は、きっちり断面も・・・。切った場所が悪いようで、ドライチェリーが見えませんね・・・。

 クリスマスイブなので、とりあえずビーフシチューを作りました。味見しかしていませんが、結構おいしいですよ。

bi-fusyucyu-.jpg bi-fusyucyu-morituke.jpg 

材 料:牛肉・ニンジン・ジャガイモ・マッシュルーム・玉ネギ・キャベツ・セロリ・ピーマン等何でも入れちゃいます。

調味料:赤ワイン・トマトジュース・デミグラスソース・塩・胡椒・ローリエ・オールスパイス・ナツメグ・コーヒーまたはココア(隠し味)

 今日は盛り付けも気を使って、クリムチーズとパセリのみじん切りをトッピング。最近、下のデミグラスソースにもはまってます。顆粒なので、使用料の調整が簡単です。我が家では、赤ワイン(2カップ)・トマトジュース(200cc)を入れて、水は入れません。かなり濃厚なシチューですよ。カレーも同様ですが、ココアやコーヒーをちょっと入れるとコクが増しますよ。

 [ひらめき]騙されたと思ってお試しあれ。[ひらめき]

 とにかく、早く風邪を治さなければ・・・。

  ブラウン缶デミグラミックス 
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

にんじん・ニンジン [料理]

 

 昨日のニンジンの続きです。ニンジンペースト出来ました。

  
ninnjinpe-suto1.jpg ninnjinpe-suto2.jpg

 

 茹で汁ごとミキサーに投入して、スイッチポン。きれいな色でしょ。

 
ninnjinpe-suto.jpg
  

ミキサーにくっついたニンジンペーストで一品。ジャガイモ1個、皮を剥いて小口に切ったものを、電子レンジで5分ほどチンします。ミキサーに水を加えて、チンしたジャガイモを入れて、スイッチポン。にんじんのビシソワーズが出来ちゃいました。ちょっとニンジンぽくないので、出来たてのニンジンペーストを追加。クリスマスケーキの残りの生クリームも追加。一煮して完成です。だしは、得意のホタテしいたけスープの素+チキンブイヨンです。昨日の豆乳鍋と一緒の味付けですね。味噌は入れていませんから、ご安心ください。最近、この「ホタテしいたけ・・・」にはまっているものですから。

  
bishisowa-zu1.jpg bishisowa-zu2.jpg

 

 塩・コショウで味を調えて・・・。 [ひらめき]ついつい味見をしていたので、だいぶ少なくなってしまいました。[ひらめき] 完成です。 

 

bishisowa-zu.jpg
  

 忘れていましたが、干しガキ。完成しております。おせちの「なます」に刻んでいれましょうか?。

 
hoshigaki_kansei.jpg
 
 [ひらめき]これが噂のホタテしいたけスープの素。ぜひ一度お試しください。[ひらめき]
 
 
ホタテとしいたけのスープ 化学調味料・着色料無添加 200g

ホタテとしいたけのスープ 化学調味料・着色料無添加 200g

  • 出版社/メーカー: 平和食品工業
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
  
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

豆乳鍋 [料理]

 

 台所の縁の下で、腐りかけのニンジンを発見。腐った部分は取り除いて。でも、こんなにニンジンをどうしよう。

 
ninjin_iltupai.jpg
 

とりあえず、乱切りにして圧力釜で茹でてみました。そうだ、ニンジンペーストにして冷凍だ。

クリスマスには、パスタに練りこんでみようかな~。ホウレンソウも練りこんで、イタリアンカラーのパスタでも作ろうかなどと、いろいろ考え事をしていたら、テレ朝「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」豆乳鍋が紹介されていました。思い出したのです。なんとタイムリーなことか?。先週の南禅寺どうふセットで、唯一余っている豆乳。ということで、今日の夕食は豆乳鍋にします。また鍋ですね。週3回鍋ですよ。

できるだけテレビ通りに作ってみます。でも、とりは手羽ではなく、水菜もないし、豆乳は生タイプだし、しめじもないです。

 

材料:鳥(骨付き)・大根・白菜・ネギ・油揚げ(稲荷寿司用の既製品)・春菊・焼き豆腐

出汁:豆乳(加工品)・ほたてしいたけスープの素・チキンコンソメ・白みそ

たれ:だし醤油・しょうがのしぼり汁

 

鳥は臭みを取るために湯通しをします。土鍋にスープを作り、鶏と野菜を煮ます。最近このスープの素にはまっています。これ、かなり行けますよ。

 
tori_yudoushi.jpg torinikushitani.jpg
 

 あとは、適当に茹でます。最後に、白みそを土鍋に入れて準備完了。ここからがポイントです。別鍋で豆乳を温めておいて、食べる前に火を消した土鍋に豆乳を投入(しゃれじゃないです(漠))。「決して、豆乳を入れてからは煮込まないでください。分離します。」とテレビで、和食担当の濱本先生がおっしゃっていたので、このようにしてみました。

 
shimonitanegi.jpg tounyu_shiromiso.jpg
 

 下仁田ネギも入れちゃいますよ。結局、豆乳は足りないと見て、コンビニへ買いにはしりましたけど、なんとか完成です。

 
tounyunabe.jpg
 

 食べている間に、豆乳が分離し始めました。器に盛ってから、しょうが醤油を少しかけていただきます。優しい味で、身も心もあったまりました。〆はごはんを入れて雑炊です。これはかなり行けますよ。NHKの「今日の料理」テレ朝の「おしゃべりクッキング」[ひらめき]今日は、テレ朝の勝ち[ひらめき]ですね。

 

 下の豆乳、豆腐も作れるそうです。ほんとでしょうか・・・。

 

 


nice!(5)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ごうかく [料理]

 

先週の火曜日に友人のモツ焼き屋さんがおーぷんしました。屋号は「ごうかく」です。ご夫婦お二人で経営の良心的なお店です。受験生にはありがたい名前ですね。「もつを食べて、試験にかつ」なんて如何でしょうか。

 

goukakunaibu2.jpg goukaku_yakidai.jpg

 

 材料の新鮮さは素晴らしいですよ。レバと白。牛レバ刺しを注文しました。

  

rebashiro.jpg rebasashi.jpg

 

 機会があれば、ぜひ一度足をお運びください。営業時間は18:0025:00。ラストオーダー24:30。しばらくは、休日無しだそうです。場所は下記をご参照ください。

 

 「ごうかく」

 

 実は、下記の作業中にカゼをひいたようで、2日寝込みました。ちょうどソネブロも故障中だったようで、(将棋の竜王戦とFIFAワールドクラブサッカーをテレビ観戦できました)タイミング的にはラッキーでした。本日から復活して、ブログ投稿も再開です。

 40年間使用中のホーロー製の風呂桶ですが、錆びと傷が結構目立ってきたので、ダメ元で補修します。得意の前・後比較写真です。

 

furookemae.jpg furookeato.jpg

 

 左の風呂桶の光沢が違うでしょ。これで数年持てばいいのですが。

 

mizuakatorizai.jpg madowaku.jpg

 

 まず、強力水アカ取りで掃除です。水アカ酸性の洗剤で落としてもいいと思います。翌日、完全に乾燥させた後に、シリコン塗料を色合わせして、錆びと傷の部分を塗装します。乾くまでの間に、出窓も塗装しておきました。

 

iroawase_tosou.jpg koutelinnguzai.jpg

 

 コーテング剤を2回塗りして完成です。1回目で乾燥24時間。2回目も同様です。材料は下記を参照してください。カビ取りがうまくいったので、信用して同じメーカーの製品を使ってみました。

 

 強力水アカ取り剤

 万能コーティング剤

 

 


nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

大掃除(1) [家電]

 

 今日は台所廻りの掃除です。まずは、レンジフードから。今日も掃除前・後の比較でお届けします。

 

fuudo_mae.jpg fuudo_ato.jpg

 

 給湯の温度を最高にします。

 

onndoseltutei.jpg suchi-musenjyouki.jpg
 

全部分解して掃除します。部材を熱湯に浸けて、[ひらめき]汚れが柔らかくなったところで重曹[ひらめき]を振りかけます。汚れが浮いてきたところで、お湯に付けて洗剤(オレンジクリーナー)をスプレーして擦るのみ。

fan_mae.jpg fan_ato.jpg
 

本体部分は、洗剤をスプレーして、2年前に妹が寄付してくれた、スチーム洗浄機で、汚れを浮かして、拭き取ります。頑固な汚れは、洗浄機の先に付属のブラシを取り付けてこすります。2~3回繰り返せば、大体の汚れは落ちます。本当はケルヒャーのスチーム洗浄機が欲しかったのですが・・・。「寄付ではなく、置き場がないから預けてあるだけ」だそうです。こいつが来てから、レンジフードの掃除はずいぶん楽になりました。一家に一台あっても良い家電品ですよ。

  

 お次はガス台です。要領は一緒です。

 

soujimae.jpg soujicyuu.jpg

 

 だいぶ錆びも回っています。20年物ですからね。着火装置の部分は、クレンザーを付けて磨くのみ。

 

atuden_mae.jpg atuden_ato.jpg
 

ついでに、台所の出窓・ガス炊飯器・イオン浄水器も掃除しておきました。IHにすれば、ガス台の掃除は不要になるのにな~。ガス台が壊れたら、家もIHにしようかな~。ビルトインタイプがはまるかどうか、現状の寸法を測っておきました。開口部は(560W×460D×225Hmm)。Panasonic電工のシステムキッチンなので、改修用のIHがあるかどうか早速検索。KZ-VSW33Eを例にPDF図面で確認。ぴったりはまりますね。買い替え需要もあるから、当然と言えば当然ですね。

明日天気が良くなれば、レースのカーテンを洗濯して(レースのカーテンは夏:冬の年2回、カーテン本体は夏の年1回と決めています)、家じゅうの窓ふきを行う予定です。残りは、床のワックスがけですね。20日までには、全て終了の予定です。

19時のNHKのトップニュースで「インフルエンザが流行りだした」と言うことで、加湿器も登場です。

kashituki.jpg

   

 

 

 

 

 

 


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅